本文へスキップ
更級小学校のホームページへようこそ!

TEL.026-275-0052

〒389-0812 長野県千曲市羽尾1846


5年生の様子

平成29年度へ        
 
 

音楽では琴の学習を行いました。2人の先生に丁寧に教えていただき、2時間集中して練習したので「さくらさくら」がしっかり演奏できるようになりました。すばらしい!14日は棚田で収穫した餅米を使って収穫祭を行いました。全校やお世話になった地域の方々や保護者のみなさんに食べてもらおうと、もちつきや味付けなどがんばりました。会食会では、今までの米作りを振り返り、活動の思い出や学んだことを発表しました。おいしいおもちを食べて、みんなの笑顔がいっぱいの一日になりました。

 

56年一緒の能楽教室では、能楽とはどんなものかを映像や松木先生の実演で教えていただきました。能面の傾き方一つで表情が異なって見えることも、実際の面を貸していただき体験できました。家庭科では、みそ汁の調理を行いました。いつも食べているみそ汁をおいしく作って家族に食べてもらいたいと、手順や味噌の量を考えながら作りました。29日には、「夢の教室」として、元全日本代表のバレーボール選手の落合真理先生をお迎えし、夢を叶える力がわいてくるようなお話をお聞きしました。最初にゲームもあり、失敗してもみんなで知恵を出し合って、工夫して、課題を乗り越えクリアする楽しさを教えていただきました。

 

音楽会の練習が続く中、プログラミング活動も楽しく学びました。図形作りの中で、動きのプログラムを少し変えるだけで、きれいな連続模様ができたり、色を変化させたりすることができました。また、今年はまだ校庭で体育ができるので、走り幅跳びを行いました。練習を重ねリズムよくかっこよく跳べるようになってきました。そして、なんといっても音楽会!クラスの人数が少ない分、一人一人が歌も演奏も全力を出し切って行いました。本番は柔らかい表情で気持ちよさそうに歌う「Wish〜夢を信じて〜」、元気がわき出るような「レイダースマーチ」で、みんなの心を一つにして演奏でき、大満足の発表となりました。

 

昨年の分もやる気に満ちていた縄文祭り。祭りの幕を開ける豊穣儀礼に初めて臨みました。緊張の面持ちで、酋長に続けて自然へ祈りを捧げていました。地域の方と一緒に行う体験活動の店の他に、クラスでもどんぐり細工のお店をオープン!それぞれの店番を張り切って行う働き者の子どもたちでした。 30日にはALTの先生と一緒にハロウィンをかねた学習でした。「What would you like ? I’d like〜やWhat do you wantI want〜」を使って変身アイテムを貸してもらい、楽しんで変身していました。

 

13日には快晴の中、名月会の皆さんに教えていただきながら、棚田のオーナーのみなさんと一緒に脱穀を行いました。この日は「とっかん」の実演もあり、初めて見る子にとっては音にびっくり!できたてのお菓子をみんなで美味しく食べました。また、体育のアタックゲームも対戦試合が始まり、真剣に作戦を立てて臨む子どもたちです。そして、いよいよ間近に迫った縄文祭りに向けて、クラスでもお店や出し物の練習が始まりました。また、5,6年の有志として休日にジャンベの練習に参加する姿も。毎日、わくわくすることが盛りだくさんの日々ですが、それぞれ張り切っている子どもたちです。
 

1020日に棚田で作っていた米の稲刈りを行いました。名月会の方々に稲の刈り方を教えていただき、安全に気をつけながら刈りました。稲刈り近くになって降った雨のため、土に足を取られてしまうこともありましたが、無事に刈り、ハゼかけも終えました。稲刈りが初めての子も多かったのですが、みんな楽しかったと笑顔の一日でした。28日には、千曲市内の工場見学に行き、エムケー精工とフレックスジャパンで学ばせてもらいました。それぞれの工場では、原材料から製品ができあがっていく過程を見ることができました。「お客様のことを考えて」働いている話をお聞きし、将来の働き方にもつながる学習ができました。

 

祖父母参観では「昭和・平成・何でもトーク」として、普段聞けないような話などを話したり聞いたりして楽しみました。項目には肩もみや早口言葉などもあり、班で盛り上がっていました。もうすぐ稲刈りを迎える棚田の畦の草刈りを行いました。あたりの田んぼが黄金色になり、美しい中での作業に、みんな張り切っていました。そして、少しずつ音楽会に向けても練習が始まりました。今年はどんな演奏になるのか!お楽しみに!

 

休み明け、みんなの元気な顔がそろいました。休み中に取り組んだ一研究は、それぞれに工夫して調べたり実験をして確かめたりしてきた様子がよくまとめられていました。みんなで集中して習字。休み前に練習していた字に、もう一度取り組みました。静かな中で筆が進む姿に、気持ちがこもっていました。図工では、鏡を使って奥まで広がる空間を創造しています。どんな風に見えるか。できあがりが今から楽しみです。

 


7月は5年生にとっては楽しい活動盛りだくさんでした。棚田の草取りに行きました。名月会の方が、事前に畔草を刈ってくださったので、それを運びました。いつもお支えいただきありがたいです。子どもたちは青々と育ってきた稲を見て、秋への期待が増し、作ってきたかかしをつけました。18日からは大池へキャンプに行きました。仲良く協力して食事を作り、キャンプファイヤーで大いに盛り上がりました。休み前には、地域の方に習字を教えていただきました。定期的に来てくださることに感謝して、のびのびとした字が書けるように練習しました。

 
3日に中国西安理工大学附属小学校の5年生の皆さんが更級小学校にやってきました。ケビン先生から給食を説明する英語、地域に住む中国の方からペアになる友達の名前や自己紹介の中国語を教えていただき、当日を迎えました。お互いに発表や挨拶をした後、コマや剣玉、じゃんけんレクなどをしました。給食交流をするころには、ジェスチャーで気持ちを伝えあう姿もあり「伝えたい・わかりたいと思う気持ちがまずは大切なのだ」ということを学んだ一日でした。
 

 スクラッチというソフトを使ってパソコンのプログラミング体験をしました。自分が指定したようにキャラクターを動かしたり、音を入れたりするのが、難しさもあるけれど、おもしろいと盛り上がっていました。その他にも、棚田を守るかかし作りをしたり、糸のこぎりを使ってオブジェを作ったり、創作活動を楽しみました。
 

29日には、楽しみにしていた棚田での田植えがありました。名月会の皆さんに丁寧に指導していただき、保護者の方のご協力もあり、きれいに植えることができました。泥の感触も作業をするうちに慣れて、楽しみました。たくさんの質問も出て、これから一年いろいろな作業をしっかり行うぞ!と意欲いっぱいの子どもたちでした。運動会。初めて取り組んだ組体操。6年生がびしっとかっこよく技を決める姿を手本に、この3週間練習に励んだ成果を発揮しました。最後の練習で、引き締まった表情で技を決める子どもたち。運動会本番はいかがでしたか?感想をお聞かせください。運動会が終わった今週は、ほっと一息!じっくり書道に勤しみました。

 

5年生は、今度の29()に、地域の名勝でもある棚田での田植えを予定しています。米作りはどんな仕事があるのか、パソコンを使って調べました。今年は米を中心にして、自分のテーマを決めて学習を進めていきます。また、今年の運動会では、6年生と一緒に初めて取り組む種目も多く、毎日が新鮮な気持ちで練習に励んでいます。組体操の練習では、決めのポーズが決まると、その後に互いに飛び上がって拍手する姿もありました。本番には「ビシ!」とかっこよい姿をお見せできるよう、残りの日々、練習に励みます!

 

今年米作りを行う棚田へ行き、自分たちの田んぼや美しい景色を見てきました。更級の里、千曲市が大切にしている棚田で、米作りができることへの期待で胸がおどりました。今週は初めてづくし!初めての調理実習では、カラフルコンビネーションサラダを作りました。楽しい活動も実際にやってみると難しさもわかりました。週末には家でも調理して、家族のみなさんに食べてもらうのが楽しみです。6年生との初めての組体操練習があり、技を見せてもらったり教えてもらったりしました。いい組体操にするぞ!と目標をもってがんばります!

   

新しいケビン先生との外国語が始まり、先生の自己紹介を聞いたり、自分の名刺カードを渡して挨拶したりしました。これからも楽しみです。算数では、体積の学習。1立法センチメートルのブロックを使って、実際にどのくらいの体積になるかを考えました。交通安全教室では、自転車の乗り方、安全な走行、交通ルールを確認しました。今年は、交通事故0を目指します。

 
 5年生最初の国語では、友達にインタビューをして、相手を紹介する活動をしました。一緒に過ごしている仲間でも、改めて聞いてみると「そうだったのか」と初めて聞くこともあり、新鮮な気持ちになりました。久しぶりに校庭で上り棒・雲梯に挑戦。全身の力をうまく使って到達したり、何回もチャレンジしたりと楽しみました。来週の一年生を迎える会に向けて「学校は楽しいよ」という気持ちを込めて歌や呼びかけを練習しています。