本文へスキップ

千曲川のほとりに温泉が湧いて歴史がきらめく町の小学校です。

電話でのお問い合わせはTEL.026-275-0072

〒389-0804 長野県千曲市戸倉1756

学校行事program

H29年度学校行事へ移動
H28年度学校行事へ移動
・7月27日に、地域の区長さん、民生児童委員さん、主任児童委員さん、戸倉小ブースターさんに学校に来ていただき、「戸倉小の子どもを語る会」を開催しました。これは、今まで行っていた学校職員と民生児童委員の懇談と、支部ごとに行っていた支部懇談会に代わるものとして今年初めて行ったものです。
学校から、地区から、それぞれ代表が子どもの様子を発表した後、グループに分かれて懇談となりました。子どもたちの姿、よさ、課題、期待することなど、ざっくばらんに職員と話し合っていただきました。
ここで出していただいた内容はこれからの学校教育に生かしていきたいと思います。

・8月6日、夏休みのプールがやっとできました。先週は最高気温予想が35度を超えていたため、中止。今週になり、やっと35度を下回りそうでしたので、開放となりました。久しぶりに子どもたちの歓声が聞こえました。

・7月31日に合唱団は、「平成30年度長野県学校合唱大会(NHK合唱コンクール)東信ブロック大会」に参加しました。出番は午前の部13番です。課題曲「出発」自由曲「同声合唱曲集「ひかる地球」から鬼は内」を発表しました。朝や放課後、休日に練習してきた成果を出して、歌いました。子どもらしいきれいな響きの合唱でした。
写真は、朝、出発の様子と、リハーサルに行くときの様子です。

・7月26日は終業式でした。経験したことのない暑さの毎日ということで、体育館ではなく、各教室での終業式となりました。そのため、パソコン教室に臨時のスタジオを設け、中継しました。ケーブルテレビさんのカメラも入り、スタンバイです。

学年発表は、2年生と5年生です。ときどきカメラに目線を向けながら、1学期にがんばったことや、2学期に向けての希望を発表しました。
そのあと、校長先生からのお話がありました。1学期の「励まし、称賛、感謝」、雨にもまけずについてです。

そのあと、2年松組が「雨にもまけず」を全員で暗誦しました。ずっと待っていた子どもたち。出番です。最後に全校のみんなで、「雨にもまけず」の暗誦。そして校歌を歌いました。それぞれの教室で、気持ちを整えて終業式ができました。


・今年は、プールでの体育の授業は1学期だけとしたので、もう、学年ごとのプールじまいです。プール開き後、雨などでできなかった日は2〜3日で、あとは順調にプールを使うことができました。猛暑の7月後半も、水温を上げすぎないように管理したので気持ちよく泳ぐことができました。
写真は、2年生のプールじまいの様子です。

・戸倉小ブースターの方が、学期末清掃の窓ふきやワックスがけを手伝ってくださいました。低学年には窓ふきは難しい仕事。先生がやるしかありません。ワックスがけは子どもたちが下校してから行います。ここを手助けしていただくことで、先生方の仕事が軽減され、子どもと向き合う時間の確保につながるのです。暑い中、ありがとうございました。

・7月11日に通学路のブロック塀などの安全を確かめるために、集団下校を行いました。大阪の地震の際、不幸な事故がありました。そのようなことが起きないための対応です。
支部ごとに集団下校班で帰ります。学校職員に加え、子どもを守る会の方が11名ご参加くださって、一緒に歩いていただきました。現地では、気を付けるように注意も行いました。

・7月18日に、全校音楽がありました。「南風にのって」を歌いました。学年ごとの歌声を聴きあいました。最後に合唱団がハーモニーを聞かせてくれました。やはり響きが違います。コンクールに向けた練習の成果が見えました。
その後、保健室の先生から熱中症予防のために気を付けることをお話ししてもらいました。帽子、水分、暑いところでの遊びについてなどです。気を付けていきましょう。

・7月9日に福祉委員会のみんなで、「ゆいっこ」さんを訪れ、利用者の皆様と交流をしました。「ゆいっこ」さんとは毎年交流をしており、5年生は4年生の時にも総合的な学習で訪れました。
お花と校歌のプレゼントの様子です。

風船バレー、カードゲーム、あやとり、お手玉などで、一緒に楽しみました。お互いに笑顔になりました。

・7月10日の参観日後に行われた、救急救命法講習会。夏休みのプール解放に合わせた大切な講習の場です。今年も千曲坂城消防本部から、講師の先生をお招きしました。
・人形を使って胸骨圧迫とAEDの使い方を勉強しました。胸骨圧迫は3cmは沈めてと言われ、こんなに奥まで押し込んで大丈夫かと心配になりましたが、ここまで沈めないと意味がないとのこと。命を救うのは簡単なことではないのですね。使うことのないのが一番ですが、大切な知識です。


・7月4日の参観日に合わせて開催された学校保健委員会。子どもたちの心身の健康のために学ぶ場です。今年はヤクルトさんの協力によるおなか元気教室でした。
腸について、排便について、腸内環境について。腸が元気だと、心も体もすっきりして元気に活動できますね。最後にはみんなで体操もしました。

・7月2日から6日まで給食週間です。小学校での給食の時間は毎日あって、給食指導は先生方にとっても大事な指導のひとつです。子どもたちにとっては、楽しみな時間でもあり、嫌いなものが出ると・・・・という時間でもあり。
日々の給食をもう一度見つめなおすために給食週間を計画しました。
給食センターの栄養士の先生が来てくださり、低学年高学年に分けてお話をしてくださいました。低学年は給食センターで給食が作られる様子、高学年は栄養についてです。

・2時間目が終わると、子どもたちが元気に校庭へ飛び出します。今週は、体育委員会の企画による「元気はつらつ大作戦」です。おにごっこやドッジボールなど、自分の好きな遊びを選んで、学年を超えて一緒に遊びます。月、火ととても暑かったのですが、水曜日は涼しくて、気持ちよく遊びました。

・7月3日に千曲市教育委員会の学校訪問がありました。今年は、教育委員の皆様も来校されたので、10名の方が教室訪問や学校施設の巡視をしてくださいました。熱心に勉強する子どもたちの様子や、学びやすい環境になっているかどうかを丁寧に見てくださいました。
○落ち着いて学習に取り組んでいますね。
○ICTを用いた効果的な学習と同時に、紙の辞書を引くなど手を使って学ぶ学習も大事にしていますね。
○手入れの行き届いた校舎、環境です。
など、ほめていただきました。今後とも、ご支援ご指導いただきます。

・7月にならないうちに梅雨が明けてしまいました。そして猛暑。学校の昇降口も夏の花が育ち、花をつけています。

・6月27日にいじめ等対策委員会が開かれました。学校と地域、保護者の代表が子どもたちの様子やいじめの未然防止についてなどを話し合いました。

・あの、かもの親子のその後です。
 5月17日午後、学校をひっそりと出て行ったカモの親子は、創造館方面に向かい、白鳥園の草むらも散策。

創造館の方が、堤防道路で車を止め、千曲川の河原に導いてくださったそうです。写真も創造館の方からいただきました。しかし、この時点でひなは、8羽になっていました。その後、行方が分かりませんでしたが、千曲川の中州で子育てをしている様子を学校支援ボランティアさんが見つけてくださいました。

ひなの数は5羽。減ってしまったけれど、この5羽は1か月ほどの間に一回り大きく成長し、泳ぎも水に潜るのも上手になっています。ここは、天敵の心配もなく、流れも緩やかな浅瀬で、安心して子育てができる場所。ほかの親子もいました。大正橋、上山田に向かって左側です。タイミングがよければ橋の上から見ることができます。
地域の方にもご協力いただいてその後の様子がわかることはありがたいです。

・6月27日に避難訓練がありました。4月は、教室から学級全員で避難しましたが、今回は休み時間の避難です。警報が鳴り、避難の指示があったら、自分で判断し、火元から離れるようにしながら、一番近い出口から校庭に避難します。
高学年が低学年を導く姿もありました。自分の判断で行動することをこれからも大事にしたいです。
校長先生からは、登下校の道に、地震の時に倒れるかもしれない塀や落ちてくるかもしれない瓦などについて、行き帰りに注意して見つけて、いざというときには安全を確保できるようにしましょう、とお話がありました。

・校庭に草が生えてきて、気になっていましたが、土が乾いていると硬くてとても歯が立ちません。雨が降ったら・・・と思っていて、21日の朝、ついにその時がやってきました。朝方まで雨が降った後の校庭は草取りには絶好の状態。朝の時間を変更して、2年生から6年生までが一斉に校庭に出て15分間ほど草取りをしました。涼しくて作業もはかどります。みんなとても一生懸命働きました。とてもきれいになりました!

・6月19日の朝、にプール開きがありました。今年はプールの使用を夏休み中までとしたので、例年より1週間くらい早くプール開きをしました。2年生、5年生の代表が、プールの学習で頑張りたいこと、気を付けたいことを発表しました。校長先生からは、2つの「あ」「あわてない」「あなどらない」のお話がありました。この朝は、まだ水温が低くプールに入れませんでしたが、近いうちに子どもたちの声があふれるプールの時間がやってくるでしょう。

・6月15日に聞き方訓練がありました。学校では授業以外に休み時間や清掃の時間など、教室を離れ、担任の先生とは別の場所にいる時間があります。そんな時、火事や地震が起きたら・・・という訓練の一つです。今年度はこの避難訓練を1学期に行うことになりました。15日は、非常の放送を黙ってしっかり聞けるかの訓練です。学校中がしーんとした静けさに包まれました。写真はその場所の担当の先生から、指導をしてもらっている場面です。

・6月4日から15日はなかよし旬間、なかよし清掃でした。なかよし清掃では、高学年と低学年が組んで清掃に取り組みました。高学年が優しい気持ちで低学年に教えたり、低学年が「ありがとう。」とお礼を伝えたり。温かな場面がたくさんありました。

・6月14日に防犯教室がありました。千曲警察署警察署の生活安全課の方が来てくださって、教えてくださいました。初めに見たDVDは昨年と同じで怖い内容でした。その中に出てきた危険から逃れる方法について、改めて実演を交えて教えていただきました。
家庭でも、実際にどうしたらよいかについて、話題にして子どもさんと話し合う必要があります。みんなの目で、行動で子どもたちを守っていきましょう。

・6月11日に美化委員会で昇降口の花壇やプランターに苗を植える予定を立てていました。これに合わせ、戸倉小ブースターの皆様にご協力をお願いしたところ、9名の方が来てくださいました。子どもたちと一緒に苗を植えたり、樹木の刈り込みをしたり、1時間ほどの時間ですっかりきれいな昇降口になりました。
子どもたちもボランティアの皆様と一緒に作業ができたことが楽しかったようです。ありがとうございました。

・6月6日に、「戸倉地区子どもを守る会」の総会がありました。平成18年度に発足した会です。役員の方、区長様、見守り隊の方など40名ほどが参加して行われました。
今年度に入り、子どもが被害者になる痛ましい事件がありました。そんなことから、子どもを守る会の存在意義は大きいものがあります。区長様にもご協力いただきながら、子どもたちのために温かく見守っていただけることは本当にありがたいことです。今後ともよろしくお願いします。

・5月30日に「戸倉地区子どもを守る会」で見守りをしてくださっている方の紹介式がありました。今年は児童会役員が進行したり、接待のお手伝いをしたりしました。校長先生、PTA会長さん、児童代表から、感謝とお願いのあいさつがあり、見守り隊の方からも一言ずつお話がありました。

歌のプレゼントでは、歌を聞いていただくだけでなく、2年生と手をとってダンスをしていただきました。みなさん、とってもうれしそうです。

子どもたちが書いたお手紙も渡しました。喜んでいただきました。これからもよろしくお願いします。


・地域公開参観日、全校にかかわる様子です。
朝、全校音楽は「翼をください」を歌いました。体を動かしながら気持ちよく歌う姿を見ていただきました。

校長先生の講話がありました。内容は、教育方針へ。

5分間マラソンの様子も見ていただきました。

・5月26日にPTA作業がありました。暑い日でしたが、保護者の皆様には、熱心に作業に取り組んでいただき、ありがとうございました。また、6年生はプール清掃で参加。子どもを守る会の皆様には、昇降口付近をさっぱりときれいにしていただきました。

・美化委員会の呼びかけで、登校途中の道のクリーン作戦をやっています。道のわきに落ちているごみを拾って学校で委員が集めます。低学年のお友達も協力しています。

・5月17日にかもが生まれたことをいろいろ報道してもらいました。信濃毎日新聞18日朝刊では、池で泳ぐ様子の写真。アプリを使うと、引越しの様子が動画で見られました。ケーブルテレビさんは、池で泳ぐカモの様子をかわいい映像で5分間のニュースにしてくださいました。子どもたちのインタビューも。
18日には、もう、カモたちはいなかったのですが、SBCテレビの「ずくだせテレビ」さんの生中継。夕方のニュースワイドでもトップでかわいい映像を流してもらいました。このニュースはSBCホームページにアップされ、それがヤフーニュースにまで載ったのです。たくさんの方にかわいい映像を見ていただけました。

・学校支援ボランティアの活動。戸倉小ブースターと呼びます。保護者の方から、きれいなトルコキキョウをいただきました。校内に飾らせてもらいました。また、ボランティアの方から、ボランティアルームで飲んでください、とインスタントコーヒーをいただきました。いずれも、お家で余ったものだと思います。これも、立派に戸倉小ブースターです。ありがとうございます。

・音楽鑑賞教室がありました。とても蒸し暑い日で、体育館も暑かったのですが、「オペラアンサンブル・ヴォーチェ」の皆さんの熱演に暑さも忘れて楽しみました。
みんなで歌っている「気球に乗ってどこまでも」「翼をください」も、プロの方と一緒に歌うと楽しさ倍増。
ステージの最後は、「ヘンゼルとグレーテル」のオペラでした。

・4月29日から体育館の横のサツキの中でかもが卵を抱いていました。子どもたちは静かに見守り、5月17日の朝、ヒナがかえりました。母がものあとをついて、昇降口へ。朝の7時過ぎでした。

だんだん子どもたちも登校してきました。昇降口の段差をなかなか上がれないコガモたち。何回も挑戦して、やっと上の段まで上りました。

職員玄関の戸を開けておいたら、そこから校舎内へ入り、廊下を通って職員室へ。

職員室から、中庭へ。かなりの高さからヒナたちは体ごと飛び降り、元気に日の丸池に一直線です。

木の板から陸に上がることを覚えると、そこで日向ぼっこもしました。

草むらの方へ。やはり、本物の川へ行きたいようです。戸倉小の子どもたちに見守られて半日。かもの親子は、自然の広い世界へ旅立っていきました。

翌朝、プールに2羽の大人のカモが来ました。何かを探しているようでもあり、せつなさも感じる姿でした。

・4月に雨でできなかった今年最初の全校運動がありました。1年生も初参加。全校の隊形を練習しました。

・児童総会がありました。高学年が参加です。児童会長が今年の目標、「笑顔あふれる学校をめざし、協力して活動しよう」を提案し、承認されました。その後、各委員会の活動計画の発表があり、質問や意見がたくさん出されました。

・5月5日は、白鳥園の広場で戸倉祭りがありました。とても良いお天気の日で、にぎわっていました。例年のように戸倉小学校の合唱団も参加し、歌声を披露しました。たくさんのみなさんが見てくださいました。

・4月25日には大雨が降り、交通安全教室が中止になってしまいました。翌日は、晴れ。全校のみんなが気持ちよく5分間マラソンをしました。

・4月20日に1年生を迎える会がありました。6年生が準備をして、各学年が学校の様子を発表するという形です。それぞれの学年が決められた時間で学校の学習や活動、行事について上手に発表し、1年生もよく見ていました。1年生は覚えたての効果1番を歌って、お礼です。これからも1年生ともっと仲良くなっていきましょう。

・学校の花壇が春の花でいっぱいです。今年は桜はもう散っていますが、ハナミズキがきれいにさきました。カラフルな学校環境です。

・新しい学習指導要領が告示されて1年、学校では新しい学びについて、授業で、研修で、先生方が学ばなければなりません。「主体的、対話的で深い学び」の具体は?4月16日に、県教育委員会作成のパンフレットで、読んだり話したりして理解していこうとしている先生方です。

・4月16日は避難訓練でした。学校で火事が起きた時に、自分の命を守るために安全な場所へ避難する方法や経路を勉強します。1回目なので、教室からみんなで避難するスタンダードな訓練です。子どもたちは教えてもらったことを守り、しっかりと避難することができました。消防署の方にも来ていただき、避難訓練の指導をしてくださいました。
・4月13日に、集団下校訓練がありました。児童の安全のため、集団で下校するときのための訓練です。実は、4月6日に、2〜6年生は、そのようなことで集団下校をしました。今回は1年生もまじえての下校です。今年は集団登校も行ったので、顔はもうわかっています。PTA役員さんや、見守り隊の方にもご協力いただいての訓練となりました。

・合唱団の発足会がありました。新メンバーがそろいました。日々の練習、地域の行事、合唱コンクール、学校の行事などでの活躍が楽しみです。活動が終わった後は、昇降口で歌でさよならをするのが恒例です。

・今年度は、4月の初めに集団登校を実施しています。班長さんが先頭で歩き、新入生をみんなで見守りながら登校してきます。見守り隊の方とのあいさつもしています。学校に着くと、今日の集団登校の様子について振り返りをします。安全な登校のしかたを確認しています。

・4月5日に平成30年度の入学式を行いました。一気に春になった今年、まさかの桜満開の中の入学式です。52名の1年生がぴかぴかで戸倉小学校の門をくぐりました。これからの小学校生活が楽しみですね。



information

千曲市立戸倉小学校

〒389-0804
長野県千曲市戸倉1756
TEL.026-275-0072
FAX.026-275-0078