教科運営計画




教   科 指 導 の 重 点 教科研究テーマ
国語 ・「読むこと」「書くこと」「話すこと」の連携を考えた単元展開の工夫をします。
・自分の課題を持って情報を集めたり整理したりして論理的に書く工夫をさせます。
・筆者の考えの展開に注目し筆者の考えの中心を正しく読み取る力をつけます。
・自分の課題に沿って情報を整理したり取捨選択したりして正しく読む力をつけます。
自分の考えを持ち自分の言葉で伝え合う力を育てる指導のあり方
社会 生徒が自分なりの課題を持つことのできる教材開発と教材化をします。
個の気づきを活かすための単元展開の工夫をします。
・社会的事象に対する見方や考え方を深めることのできる追究をさせます。
・作業学習の工夫をします。
モノやコトとかかわり合いながら、自分らしさを生かした見方や考え方を伸ばす社会科授業!
数学 ・基礎的基本的な学習内容の理解と技能の習得をさせます。
・意欲的に授業に取り組み課題を自主的に追究していく力をつけます。
・図形における位置関係や数量関係に気づき、色々な視点から自主的に粘り強く取り組む力をつけます
・問題から疑問点を積み上げ、課題に迫れる力や基礎力をさらに発展的に活用する力をつけます。
生徒の学習力をつける数学指導のあり方
〜教えて考えさせる授業の実践を通して〜
理科 ・自ら自然事象にはたらきかける力をつけます。
・事実認知をしていける力をつけます。
・物事を関連づける力をつけます。
教え合う楽しさ、分かった喜びが実感できる理科授業はどうあったらよいか 〜教えて考えさせる授業の実践を通して〜
音楽 ・基礎的・基本的内容の定着を図ります。
・表現を追究させます。
教育機器の活用をしていきます。
生徒一人一人が生き生きと意欲的に表現活動に取り組むための指導のあり方
美術 表現と鑑賞が一体となった活動を通して感じる力、観る力、描く力、創造する力を養います。 たしかな技能や鑑賞の観点の習得により、自信を持て表現したり、自分なりの観点を持って鑑賞したりできる指導のあり方
〜教えて考えさせる授業を取り入れて〜
保健
体育
・運動に興味関心を持ち、自主的に活動できるようにします。・自分の練習課題をつかみ、解決に向けて活動できるようにします。
・種目の特性を味わうために必要な基礎技能を身につけさせます。お互いに支え合いながらより運動の楽しさを味わえるようにします。
基礎技能をもとにして一人ひとりが自分の課題を追究していく体育学習
〜教えて考えさせる体育学習のあり方〜
技術

家庭
実習や製作などの実体験を大切にし,学習したことを生活に生かせるような学習をしていきます。 どの様な場面でも、自分の持ている力を活用して、自らの願いを達成していく力(自ら拓く力)
英語 ・基礎的・基本的内容の定着を図ります。
・教科書の活用と自立的学習習慣の形成をします。
・コミュニケーションに積極的に参加する態度を育成します。
生徒の学習力を育てる英語科の授業づくり
意欲的に学び、表現する生徒を育むための指導はどうあったらよいか
総合
的な
学習

時間
@ドリームタイムでは,各学級でテーマ設定を行い,年間計画(ラフスケッチ)を立て,見通しをもって取り組みます。
A自分さがしの時間では,職場見学や職場体験学習,進路学習を通して,自らの将来を展望した活動を設定していきます。
B仲間づくりでは,学年行事(キャンプ,登山,修学旅行)や人権学習,性教育等を通して,人とのかかわりを大切にしていく活動を行います。
ドリームタイム(学級総合) 1年…年間40時間、2年…年間40時間、3年…年間40時間
自分さがしの時間 1年…年間10時間、2年…年間15時間、3年…年間15時間
仲間作りの時間 1年…年間15時間、2年…年間15時間、3年…年間15時間
道徳 研究テーマ:生徒の心が動く道徳の授業実践と豊かな人間性や社会性を育む授業作り
@自分を大切にして生きるとともに、他を尊重し共に生きることに喜びをもつような生徒
A豊かな人間性をもち、民主社会の建設に積極的に奉仕できる生徒
B世界平和を希求し、自らそれに貢献できる生徒
C自然を愛し、崇高なもの、美しいものに感動する豊かな情操をもった生徒
以上のような生徒の育成を道徳では目指しています。
道徳の時間は全学年毎週水曜日の第1時間目に設定し、年間35時間道徳の授業を行います。各学年の学習内容は月ごとに主題(ねらい)を2〜3つ決めて学習していきます。
主に使用する副読本は『わたしの築く道しるべ』(1〜3年:信濃教育会出版部編)ですが、担任や学年で自作・選定した資料を用いることもあります。
学級
活動
年間35時間の特別活動の時間はすべて学級活動に充てるようになっています。
原則として月曜日の6時間めに行います。
計画は各月の教育計画でタイムリーな内容になるように学年会で検討します。
学校
裁量
学校の実情によって独自に設定できる時間です。
本校では次のように学校裁量の時間を設定しています。
@生徒会 委員会・生徒総会の時間を含めて、月に1〜2時間程度設定しています。
A学校・学年行事 クラスマッチなどの行事の時間があります。
B学年による運営 修学旅行などの宿泊的行事が行われている時、該当学年以外は、その間、学年独自の運営をすることがあります。運営計画は適宜学年から出されます。