一 校長の経営理念

ふるさと八幡を愛し、自分を発揮できる子どもを育てる

    〜子どもが真ん中の学校〜

 ◎学校教育目標 

      心ゆたかに たくましく生きる 子ども

○目指す子ども像

         自他を認め、高め合う子ども 

          『一人の力を(業)を みんなのちから(業)に』  

   
二 学校教育目標具現のための基本方針
「随処に主となれば立処皆真なり」
学校は、子ども・教職員にとって心身ともに充実でき、笑顔あふれるところでありたい。また、子どもたちが自ら課題をもち、互いに考えを聞き合い、深め合い、自己の成長を自ら実感していけるところでありたい。そのために教職員は、一人ひとりの子どもの成長を願い、知恵と工夫のもと誠実にことに当たり、伸びようとする姿を常に見つめていきたい。そして、取り組んできたやりがいを共感し合えるところでありたい。そして互いに職場のモラルの向上につとめ、“自由でのびのび”は助長し、“勝手気まま”は排除する気持ちで、度量広く思いやり深く指導に当たりたい。
1 職員間相互の報告と連絡を密にし、議論を尽くす。問題解決には全員の協力をもってあたる。
2 公務員(特に教育公務員)としての職業倫理を確立し、服務規程に対しては忠実であるとともに、信念を持って業務を行う。
3 謙虚にして日常の研鑽に励むとともに、互いに切磋琢磨する気風を持ち、相互理解と信頼関係の上に立って、教育実践に努める。


そして、こんな先生を目指して、日常の教育実践に努める。

目指す教師像
  1  やる気を引き出し、”よさ”を認めるあたたかい心【児童理解】

2  和をもって協力し合い、意識を統一して向かう  【チームやわた】

3  互いに厳しく高めあい、学習(生活)指導力向上に努める【自己研鑽】


 三 「めざす子ども」の具体化に向けて

  自他を認め、高め合う子ども

  『一人のちから(業)を みんなのちから(業)に』

 

  子ども(個)が自ら取り組み、成し得たもの(業:ちから)を仲間に役立てよう、仲間と共有しようとする中で仲間から感謝されたり、認められたりする関係を築いていきたい。そして、自分と仲間との関係を自他共に肯定的に受け入れられることで生まれる、自己有用感を高めていきたい。  

「クラスで一番足が速い」という自信を「クラスで一番足が速いので、クラスの代表に選ばれた。みんなの期待に応えられるように頑張りたい」という自信になるようにしたい。

  そのために

  配慮点1 個に応じた目標や工夫すること、努力することを考えさせる。

  配慮点2 他者とかかわり、評価できるようにする。(評価:認め、励ます)

  配慮点3 評価の積み重ねができるようにする。(PDCA

  配慮点4 評価を見える化する。

  

主体的で対話のある学習活動をめざす。

  ○自分の考え、思いを伝え、話し合う活動を進める。

   ・その子の頑張っていることを認める。

・相手に自分の考えや思いを伝えられたうれしさを感じ合う。

   ・自分のためになる意見をもらえたうれしさを相手に伝える。

   「自分の考えを発表することが多い」(学校自己評価 3〜6年)を60%にする。 

  ○定着、発展に向けた家庭学習の充実を進める。

   ・個に応じた課題を用意する。(高学年:自分で考えさせる)

(学年・学級通信を通して児童の様子、学習内容に応じた方法を伝えていく)

   ・保護者の方に子どもの学習への取り組みの頑張りを認めてもらう。

  ○全国学力調査・NRT等の結果の活用を図る。

   ・その子の頑張った点を見つけ、認める。

   ・努力していきたいことを子どもと考える。

   算数の標準学力検査の得点率をあげる。(全領域で全国比100)

   外国語活動、外国語の完全実施に向けて指導方法を構築していく。

2 インクルーシブ教育の推進を図る。

・個に応じた明確な目標を持てるように児童理解を進める。

個別の指導計画に基づき、児童に寄り添った指導・支援を進める。

・目標達成のために学習環境・授業のユニバーサルデザイン化を進める。

・教職員全員でかかわっていく。

・菊組・桃組の児童がいきいきと活動できる学習環境を整える。

3 地域の特色や人材を生かした活動、児童の創意工夫を生かした活動の充実を図る。

  ○地域の人々の生きる姿に直接触れる機会を増やし、地域の人々との活動を重視する。

  ・地域の方々に子ども達の目標を伝え、評価していただく機会を持つ。

  ・地域の方々の活動がどのように役立っているかを考えさせる。

  ○児童相互の切磋琢磨と認め合いにより、楽しく、高め合う学級をつくる。

  ・学級のめあてを共有し、継続的に相互評価していく。

  ・「めあてを持つ」朝の会、「振り返る」帰りの会を子ども達と進める。

4 人権(同和)教育をすすめる。

 ・友だちのよいところ、がんばったところに気づく活動を継続する。

 ・悲しい思いをしている友だちがいないか、考える機会を持つ。

  「かがやけ みらい」(道徳)の活用方法を研究する。

 進んであいさつができる子どもをめざす。

  ・言葉を交わせるうれしさを共有し合う。

  ・家庭でもあいさつの聞こえる環境をつくってもらう。

・地域の方に子どもとたくさん接していただくようにお願いする。

6 時間いっぱい集中して、清掃に取り組む。

   ・清掃に向かう黙想から始める。

振り返りから次のめあてを持つ終わりの会を継続する。

・師弟同行 教師も子どもも一緒に清掃をする。

家庭でのお手伝いを進める。(子育て支援委員会との連携)

7 学級経営

   「安心できる学級づくり」のために

(1)Q−U図を生かした学級経営のRPDCAサイクルを進める。

学級開きの事態把握(4月)―中間評価(7月)―最終評価(12月)のQ−U実施

(2)  個に応じたチームによる指導・支援

全職員で支援に当たる、窓口になれる体制づくり   

(3)  高め合う人権感覚

心に傷を負わせない。一人の人として正しい人権感覚を持ち、子どもと関わる。

(4)  アンテナ高く

連学年会、朝の職員連絡、職員会議、教務(学年主任)会等様々な機会を通して児童の情報交換を積極的に行う。

校内支援委員会を機能させていく。


 
八幡小学校の教育基本方針

H30八幡小学校のグランドデザイン