学校には、教科の学習だけでなく、さまざまな活動があります。
治田小学校で力を入れている、特長的な活動を取り上げました。

栽培・食農教育
国際理解教育
交流・福祉活動 読書に親しむ活動
たくましい体づくり やまびこの時間総合的な学習の時間



栽培・食農活動
広い校地を生かして、学年や学級ごとに畑や花壇があります。生活科や総合的な学習の中で、花を育てたり、作物を育て収穫をしたりして、生命や自然美にふれ、豊かな情操を育むことを目標にしています。
夏から秋にかけては、多くの学級で収穫の時期を向かえ、収穫したものをもとに、調理実習や地域の方を招いての収穫祭なども行われています。
国際理解教育
国際理解教育は、総合的な学習の時間等で、県や市の国際交流員、市のALT、地域の外国の方との交流を中心に学校・学年のプランを立てています。
また、地域に住む国際協力に奔走している方との縁で、ネパールに木を植える活動への参加やアフガニスタンへの支援がきっかけとなったミル・アリ・アハマド・シャヒード校との交流も行っています。
もっと詳しく知りたい
アフガニスタン ミル・アリ・アハマド・シャヒード校との交流
交流・福祉活動
地域の福祉施設の方々、幼稚園保育園の園児たち、地域のお年寄りなど、様々な人との交流を通して、温かいふれあいを体験し、相手を思いやる気持ちを育てることを目的にいろいろな活動をしています。
各学年にわたっての稲荷山養護学校との交流や、児童会が中心となって、老人保健施設「ひまわり」との交流(花の苗を届けての緑化活動)、地域の福祉施設との交流、地域の美化活動(佐野川のごみ拾いなど)、募金活動など、地域の人たちとの交流や地域に目を向けての奉仕活動を行っています。
老人保健施設「ひまわり」との交流
  • 園芸委員会で育てた花の苗を施設の花壇に植える。
稲荷山養護学校との交流
  • 稲荷山養護学校の同学年の学級との同学年交流(稲荷山養護学校におじゃましたり、治田小学校へ来ていただいたりします。)。
  • 音楽会への参加・運動会への参加などでも時間を共にしています。
読書に親しむ活動
多くの本に親しみ心豊かな子どもに育つよう、読書に親しむ活動を展開しています。
毎日清掃終了後の「読書の時間」、1学期と2学期には読書旬間を設け、「先生方の読み聞かせ」や「高学年児童によるなかよし学級での読み聞かせ会」、ボランティアの方(四季の会)による読み聞かせ会等のイベントを行っています。
もっと詳しく知りたい
「四季の会」のみなさんの読み聞かせ会
みどり号
たくましい体づくり
健康でたくましい体づくりとともに、学校目標にある「最後までやりぬく」力がつくよう、心と体のバランスのとれた人を目指して汗を流しています。

具体的には・・・
  • 毎年、体力テストを行っています。
  • 11月をマラソン月間とし体力つくりに励むと共に、「マラソン大会」を行い、その成果を発表し合います。
  • 夏のプール、秋の運動会、冬のスキー・スケート教室等、体育的な行事もあります。
  • また、地域にはある様々なスポーツクラブやスポーツ大会に積極的な参加を行い、成果をあげています。
  • おばすてマラソンには、毎年、高学年の生徒が参加し、大会を盛り上げています。

やまびこの時間(総合的な学習の時間)
総合的な活動の時間は『やまびこの時間』と呼ばれています。やまびこの時間の由来は、校歌にある「治田とよべば 治田とこたえる やまびこよ」から、ふるさと治田に問いかけ、ふるさと治田からの恵みをいただく。また、呼べば応える人と人とのつながりや「伝え合う」というイメージからきています。
学校プランとしての交流・福祉活動、コンピュータリテラシー、国際理解教育と、学年や学級の願いから立ち上がる学年・学級プランから成り立っています。