千曲市立五加小学校


保護者・地域の
     みなさまへ

1 個人が特定されないように,時に画質を落とす場合があります。

2 時に画像が鮮明過ぎて気になる時は学校にお教えください。

3 できるだけ子どもさんの様子をHPへUPするため,時にコメントが少なくなることお許しください。

 多くの画像をUPすると,PCの調子が悪くなったり,更新できなかったり致しました。
 そこで、「学校長から」は3〜4日を目安に削除して参ります。
  よろしくお願い致します。
 「私が願っていることが,4つあります。

一つ目,まず児童のみなさんにとって,『明日も早く五加小学校へいきたいな〜と思う学校』を作り育てることです。


二つ目は,お家の方々が『五加小学校へいかせたいと思う学校』でありたいと願っています。


三つ目は,地域の方々が『五加小学校を自慢に思い,学校のために手伝いたいと思う学校』でありたいと願っております。


四つ目は教職員にとって,『五加小で働くことはやりがいがあるなと思う学校』であることを願っています。


以上,四つを大事に考え取り組んでいきたいです。


この4つの願いの,その真ん中にいるのは,五加小学校の児童のみなさんです。みんなさんの素晴らしい成長・活躍の姿は,みなさん自身のみならず,お家の方々,地域の方々,先生方は大きな喜びを感じさせてくれます。みなさんのよりよい成長のために校長先生は動きます。よろしくお願いします。」と,着任式で、子どもたちと職員に次のようにお話しました。
「学校長から」ページの願い
1 「学校長から」を見て読んで,
  子どもたちの話を聞いてほしい。
2 「学校長から」を見て読んで,
  子どもたちをほめてほしい。 



プール開放3回目
〔8月9日(金)更新〕

保護者の引率監視のお陰で子どもたちのために3回目ができ,ありがたいことです。講習会に出る前に学校に寄ったのですが,その講習会でお聞きすると県内の大きな市の小学校のプール開放を10校近くも全面中止したようです。本校はPTA会長・校外指導部長との相談で,その日その日の客観指標の判断で可否決定することにしたお陰で,8回の内3回目ができました。綺麗に並んだ靴をうれしく見ながらプールへ向かいます。初めて開放できた日と同じ人数の子どもが来ています。泳ぎに声をかけたり保護者にお礼を申したりしていると,穏やかですが風の強いせいでかけてあるタオルが落ちたのを保護者に拾ったことがいつもと違うところです。自由時間になった子どもたちの元気な声と泳ぎを後ろに講習会に向かいます。これ以後,お盆期間となります。日直勤務の弾力的措置と同じく「ずっと毎日更新してきた平成30年度もできるだけ更新したい『学校長から』」も更新をお休みし,二学期から再開いたします。さて,子どもたちはお盆期間には多くの親せきの方々とお会いすることでしょう。どうしてその職業につきその仕事のやりがいは? その学校の面白さは? 等沢山吸収できることと思います。このように子どもさんより大きい大人をはじめお姉さんお兄さんから多くの学びをするキャリア教育の場でもあります。よき出会いを!






朝早くから
〔8月9日(木)更新〕

 研修に出かける前,HPをUPさせるため学校に寄ると,7時丁度にも関らず5年生と栽培委員の担当の場所に水をあげてくださっています。手押しポンプの水がうまくあがらないのでやり方を話したり新しくなったホースの扱いを話したりし,感謝して学校に入りました。暑さもあるでしょうが,朝早くから水をあげてくれてありがとう。きちんとできる五加小学校の子どもたちが誇りです。






ようやくできた
〔8月8日(水)更新〕

 プール開放4日目の8月3日(金)ようやく水泳ができました。安心してプール開放できる条件が整わないため連続してプール中止のメールが続いていました。3日(金)は,私はお休み(6月2日運動会勤務の振替休み)をいただいていたのですが,夏期休業初の開放ができるようなので,子どもたち声をかけたり泳ぎが見たいためと引率・監視してくださる保護者のみなさんにお礼を申したりしに参りました。プールに向かう途中の6年生をはじめ綺麗に靴が整えられています。うれしいですね。保護者・家庭の力です。前半の休憩中に顔を出し,子どもたちの泳ぎに声をかけたりお家の方とお話したりしました(前半:最初の6枚)。また後半の休憩から最後の泳ぎと自由時間に顔を出しました。全体に子どもたちの体の色が白い(日に焼けて黒すぎることも良いこととは思いません)のがこの夏の暑すぎる状態を反映したものでしょうか。水温が高いと熱中症の危険が高まったりプールに藻発生により水質が悪化したりが心配されます。このため,水を足しているので,気温との差で体が細いお子さんは「寒い」と申しでるお子さんが若干いました。これもこの酷暑の弊害だな〜とも感じます。前半は70名を越え,後半は110名を超えるお子さんが夏期休業初の開放がようやくできました。保護者の希望によるプール開放ですので引率・監視の保護者のみなさんのお陰でプール開放ができます。ありがとうございます。(最後の画像)






水くれ
〔8月7日(火)更新〕

暑い中,プール開放がない中ですが,水をあげに来てくれる子どもたちに声をかけたくて,8時に学校に来ます。(宿泊研修や早朝から出張のため,すべての日は無理ですが)8月1日も子どもたちは水をあげています。今日も手押しポンプは順調のようで安心,お陰で桶の中の水も綺麗です。そうこうするうち栽培委員も来てくれました。新しくなったホールを使い「たっぷり水をあげてね。」とお願いします。片付けも元栓は締め,ホースを片側によせ,先を門柱にかけて次の当番が使いやすいようにお願いして,「気をつけて帰って」と声をかけます。






校長の願い


着任式で、子どもたちと職員に次のようにお話しました。
「私が願っていることが,4つあります。
 一つ目,まず児童のみなさんにとって,
『明日も早く五加小学校へいきたいな〜と思う学校』を作り育てることです。
二つ目は,お家の方々が
『五加小学校へいかせたいと思う学校』でありたいと願っています。
三つ目は,地域方々が
『五加小学校を自慢に思い,学校のために手伝いたいと思う学校』でありたいと願っております。
四つ目は教職員にとって,
『五加小で働くことはやりがいがあるなと思う学校』であることを願っています。
以上,四つを大事に考え取り組んでいきたいです。


この4つの願いの,その真ん中にいるのは,五加小学校の児童のみなさんです。みんなさんの素晴らしい成長・活躍の姿は,みなさん自身のみならず,お家の方々,地域の方々,先生方は大きな喜びを感じさせてくれます。みなさんのよりよい成長のために校長先生は動きます。よろしくお願いします。」


また、入学式の式辞では、保護者・地域のみなさんに向けて次のようにお話しました。
「学校は、家庭・地域という大きな力をもつ大地の上にある子どもたちにとってのお城です。子どもたちは、家庭という大きな大地、地域という温かな大地に、根をはり、生きるための栄養をいただいて、お城である学校に登校して参ります。
子どもたちは、この家庭と学校という両者の行き来のなかで成長し、人間としての生き方を学び取っていきます。
学校は、様々な価値観や生育をもつ子どもたちが一つの教室で学びます。そのため、いろいろなことが起こります。それを、どう解決していくかが子どもたちにとって大切な勉強です。そうした子どもたちを学校と家庭・地域が一体となって、共に考え合いながら見守り、育てていくことで子どもはより成長していきます。心配なこと、気にかかることを、共に考えてまいりましょう。」
子どもたちが育まれるのには、家庭・地域という大きく温かな大地を欠くことができません。子どもたちが育つための学校づくりに保護者・地域のご協力を引き続きお願いします。


よろしくご支援ご協力をお願いいたします。

久保田 英雄