千曲市立五加小学校


保護者・地域の
     みなさまへ

1 個人が特定されないように,時に画質を落とす場合があります。

2 時に画像が鮮明過ぎて気になる時は学校にお教えください。

3 できるだけ子どもさんの様子をHPへUPするため,時にコメントが少なくなることお許しください。

 多くの画像をUPすると,PCの調子が悪くなったり,更新できなかったり致しました。
 そこで、「学校長から」は7日を目安に削除して参ります。
  よろしくお願い致します。
 「私が願っていることが,4つあります。

一つ目,まず児童のみなさんにとって,『明日も早く五加小学校へいきたいな〜と思う学校』を作り育てることです。


二つ目は,お家の方々が『五加小学校へいかせたいと思う学校』でありたいと願っています。


三つ目は,地域の方々が『五加小学校を自慢に思い,学校のために手伝いたいと思う学校』でありたいと願っております。


四つ目は教職員にとって,『五加小で働くことはやりがいがあるなと思う学校』であることを願っています。


以上,四つを大事に考え取り組んでいきたいです。


この4つの願いの,その真ん中にいるのは,五加小学校の児童のみなさんです。みんなさんの素晴らしい成長・活躍の姿は,みなさん自身のみならず,お家の方々,地域の方々,先生方は大きな喜びを感じさせてくれます。みなさんのよりよい成長のために校長先生は動きます。よろしくお願いします。」と,着任式で、子どもたちと職員に次のようにお話しました。
「学校長から」ページの願い
1 「学校長から」を見て読んで,
  子どもたちの話を聞いてほしい。
2 「学校長から」を見て読んで,
  子どもたちをほめてほしい。 



三学期始業式
〔1月18日(金)更新〕

 子どもたちが入場していきます。開式の言葉。三学期の目標の発表。校長講話で,子どもたちがよく話を聞きます。そして私の質問に答えてくれる「きく・はなす名人」です。始業式は儀式的行事です。一年の始まりでもありますから先生方も正装をしています。1月18日付け学校だよりNo.47で詳しくはご覧ください。校歌を4番まで歌い。閉式の言葉。退場しますが,放送委員を中心に片付けをしてくれます。寒いので「新しい年が来て,なぜ,あけましておめでとうございます。」と言うのでしょう?は,それぞれのクラスでどんな伝統があるのか担任の先生からお話をうけていると思います。お子さんにお聞きください。







12月下旬の学び
〔1月17日(木)更新〕

12月下旬の学びの様子をご覧ください。5年生が高跳びの練習をしています。2年生は図工作品制作に取り組んでいます。もう一つのクラスでは発表会を開いています。6年生教室では卒業文集を書いています。4年が図工室でキコキコとのこぎりを使いボンドや釘でくっつけて作品を制作しています。終業式を終えて27日に松飾をつけてくださっているところに3年生が登場したので記念撮影をしました。






話に引き込まれて
〔1月16日(水)更新〕

 12月17日(月)低学年の読み聞かせをしていただきました。読み聞かせていただいたのは,1松:あたまにかきの木・あしながてなが,1竹:ゆうたくんちのいばり犬・サンタさんからの手紙・ふたりはいつも,2松:こうさぎと4ほんのマフラー・はじめてのクリスマス,2竹:もちもちの木,3松:泣いた赤鬼,3竹:わたしからありがとう・十二支のおもちつき です。低学年の子どもたちが話に引き込まれている姿が見られます。「きく・はなす名人」のうち聞きいる姿が本当にありがたいことです。読み聞かせを終えたみなさんがボランティア室で様々なお話で盛り上がったり次回の打ち合わせをしたり支援のあり方をお聞きしたりしています。






学びの姿
〔1月15日(火)更新〕

12月中旬の学びの姿です。MOAへ参加した子どもたちへ賞品が配られています。認められ褒められることで自己有能感が高まる笑顔が感じられます。続いて九九の暗唱の列ができます。その日の午後6年生が中学校の制服採寸と運動着のサイズを確認しています。あっという間に卒業式がやってくるのでしょうか。同じ日なかよし学級と原級の交流レクが行われています。翌日,1月初旬に行われるスケート教室の靴の履き方・片付け方を練習しています。4・6年生では書初めの練習が行われました。理科室では電気の学習を3年生が行い,先生に出された課題を見てもらう塊が出来ています。






地域の方の力無くしては育たないもの
〔1月14日(月)更新〕

 12月11日(火)あいさつ運動の日です。同時に年末交通安全運動も重なり地域の方々が校門前にたくさん来てくださっています。気持ちのいいあいさつをする子どもたちです。この日は,「学習ボランティアの日」で,これからの五加小学校のCSのあり方についてご意見をいただき,子どもたちの様子をみていただきました。また13日(木)は栽培委員会では地域の方と球根を植えてくださっています。学校の地域の方々のお陰で,そういう体感することができた子どもたちは,思春期を抜けて青年期を迎えることができます。少子化・核家族化の中,子どもたちは多くの大人から学ぶ機会を失っています。かかわる力でコミュニケーション能力を育ませずにいる状況が進みます。次世代を担う子どもたちは多くの方とかかわり課題を解決する力をもとめられますから,このようにかかわってくださる地域の方の力無くしては育たないものがあります。






あそび名人休み時間1/3
〔1月13日(日)更新〕

12月の休み時間の様子を3回に渡ってお伝えします。@CDは絡んだり引っ張ったりしています。GHは5年生教室で女子の馬に乗る女子です。Aは縄跳び・Lはけん玉・Mはブランコとあそび名人です。Bは探検バックを手に学習に向かう準備,EHは委員会活動で委員会ポスターを遊ぶ子どもの中で掲示する6年生の姿です。Iは友の髪を…女の子らしい6年生です。Jは6年教室で遊ぶ1年生と思えばK1年教室前で第二校庭を見る6年生は卒業文集のお願いをするため,先生を探しているようです。N〜3枚は,ゴミ箱の収納場所に入り遊ぶ4年生です。休み時間はあそび名人の世界です。元気をもらう私でもあります。






読み聞かせ・贈呈式・写真掲示ボランティア
〔1月12日(土)更新〕

読書旬間後半の6年生の読み聞かせの様子です。中に入ると話の腰を折ると思って入りませんでした。4年生教室では姨捨山の物語が,枝を折りながら進みます。そして枝を折るから「枝折(しおり)」ができたことや「"灰で縄をなえ、できないと国を攻めるぞ"と難題を持ちかけてきたが,床下の母親は"塩水にひたしたワラで縄をなって焼けばいい"と息子に教えた。」いわれを教わりました。次の写真は「JAとぐらの方々からじゃがいも文庫用のお金をいただく,贈呈式」の様子です。子どもたちはじゃがいもの体験で感じたこと得たことを次々発表しています。所長さんには大変感動していただき,贈呈していただいた本を図書館に見に行きました。27日(木)昇降口に毎月写真を掲示してくださるボランティアさんが写真を替えに来てくださいました。










校長の願い


着任式で、子どもたちと職員に次のようにお話しました。
「私が願っていることが,4つあります。
 一つ目,まず児童のみなさんにとって,
『明日も早く五加小学校へいきたいな〜と思う学校』を作り育てることです。
二つ目は,お家の方々が
『五加小学校へいかせたいと思う学校』でありたいと願っています。
三つ目は,地域方々が
『五加小学校を自慢に思い,学校のために手伝いたいと思う学校』でありたいと願っております。
四つ目は教職員にとって,
『五加小で働くことはやりがいがあるなと思う学校』であることを願っています。
以上,四つを大事に考え取り組んでいきたいです。


この4つの願いの,その真ん中にいるのは,五加小学校の児童のみなさんです。みんなさんの素晴らしい成長・活躍の姿は,みなさん自身のみならず,お家の方々,地域の方々,先生方は大きな喜びを感じさせてくれます。みなさんのよりよい成長のために校長先生は動きます。よろしくお願いします。」


また、入学式の式辞では、保護者・地域のみなさんに向けて次のようにお話しました。
「学校は、家庭・地域という大きな力をもつ大地の上にある子どもたちにとってのお城です。子どもたちは、家庭という大きな大地、地域という温かな大地に、根をはり、生きるための栄養をいただいて、お城である学校に登校して参ります。
子どもたちは、この家庭と学校という両者の行き来のなかで成長し、人間としての生き方を学び取っていきます。
学校は、様々な価値観や生育をもつ子どもたちが一つの教室で学びます。そのため、いろいろなことが起こります。それを、どう解決していくかが子どもたちにとって大切な勉強です。そうした子どもたちを学校と家庭・地域が一体となって、共に考え合いながら見守り、育てていくことで子どもはより成長していきます。心配なこと、気にかかることを、共に考えてまいりましょう。」
子どもたちが育まれるのには、家庭・地域という大きく温かな大地を欠くことができません。子どもたちが育つための学校づくりに保護者・地域のご協力を引き続きお願いします。


よろしくご支援ご協力をお願いいたします。

久保田 英雄