千曲市立五加小学校


保護者・地域の
     みなさまへ

1 個人が特定されないように,時に画質を落とす場合があります。

2 時に画像が鮮明過ぎて気になる時は学校にお教えください。

3 できるだけ子どもさんの様子をHPへUPするため,時にコメントが少なくなることお許しください。

 多くの画像をUPすると,PCの調子が悪くなったり,更新できなかったり致しました。
 そこで、「学校長から」は3〜4日を目安に削除して参ります。
  よろしくお願い致します。
 「私が願っていることが,4つあります。

一つ目,まず児童のみなさんにとって,『明日も早く五加小学校へいきたいな〜と思う学校』を作り育てることです。


二つ目は,お家の方々が『五加小学校へいかせたいと思う学校』でありたいと願っています。


三つ目は,地域の方々が『五加小学校を自慢に思い,学校のために手伝いたいと思う学校』でありたいと願っております。


四つ目は教職員にとって,『五加小で働くことはやりがいがあるなと思う学校』であることを願っています。


以上,四つを大事に考え取り組んでいきたいです。


この4つの願いの,その真ん中にいるのは,五加小学校の児童のみなさんです。みんなさんの素晴らしい成長・活躍の姿は,みなさん自身のみならず,お家の方々,地域の方々,先生方は大きな喜びを感じさせてくれます。みなさんのよりよい成長のために校長先生は動きます。よろしくお願いします。」と,着任式で、子どもたちと職員に次のようにお話しました。
「学校長から」ページの願い
1 「学校長から」を見て読んで,
  子どもたちの話を聞いてほしい。
2 「学校長から」を見て読んで,
  子どもたちをほめてほしい。 








がんばっています
〔10月16日(火)更新〕音楽会特別日課につき一日2つUP
 3時間目3年生,手に何か持っています。6時間目4年生,地域講師3人の方が最終仕上げの細かいところを教えに来てくださいました。放課後16時30分からの職員練習まで合唱部も仕上げです。以上,昨日の体育館練習をご覧ください。






10〜11日
〔10月16日(火)更新〕

最初の6枚の画像は,校内音楽会に向けての準備風景です。7〜12は1年生の体育館練習風景です。10〜12には動きが…。5年生の演奏が聞こえてきたので体育館に向かいましたが,13〜15個人練習と立ち位置を動かしながら,個人練習をしています。16〜18では,プレールームに2年生が出てきました。何かを身につけていますが…。当日をお楽しみに!







理由は大人に
〔10月15日(月)更新〕

11日はあいさつ運動の日です。学校だよりでお知らせした校長講話のように,朝なら「おはようございます。」日中なら「こんにちは」,帰宅時なら「さようなら,また明日」等と言うようにしています。「あいさつができない。やらない。」と子どものせいにせず,大人が,子どもたちがするようにしむけるのが私たち大人のあり方です。校内では,あいさつが変わってきたことがわかります。子どもたちのすばらしさを感じる日です。もしできないお子さんがいたら,それこそ,この子のあいさつができない別な理由を思い,「○○さん元気?」等,声をかけるようにもしています。気にかけている。大事に思っているのですから,子どもたちに気持ちが伝わる感じられる声がけに心がけます。頑張って勉強をしようと思わない子どもはいません。できないやらない理由には,私たち大人にあるのではないかと考えています。頭をさげたり,目を見つめたり,声を出す子どもたちは私にエネルギーをくれます。子どもは素晴らしい。







みるみる子どもたちの
〔10月14日(日)更新〕

 宮坂先生のご指導で、みるみる子どもたちの歌声や表情が変わっていました。エネルギッシュで的確な声掛け、工夫された指導テクニックなど、担任の先生方も今後の練習の参考になったのではないでしょうか。宮坂先生に感謝しながら2週間頑張って、素晴らしい音楽会になるようにしていきましょう。(校長終日出張のため,教頭先生作成の日報と画像を引用)







支えがあって
〔10月13日(土)更新〕

5年生稲刈りの様子から。うれしい誤算もあって、のどかな天候の中、5年生が稲刈りと「はぜかけ」を行っていました。5年の先生方と子どもたちの苦労が実りの秋を迎えたのだなと感じるとともに、農協の方など地域の方の支えがあって学習活動が成り立っているのだなと改めて感じました。ご苦労様でした。(校長終日出張のため,教頭先生作成の日報と画像を引用)












校長の願い


着任式で、子どもたちと職員に次のようにお話しました。
「私が願っていることが,4つあります。
 一つ目,まず児童のみなさんにとって,
『明日も早く五加小学校へいきたいな〜と思う学校』を作り育てることです。
二つ目は,お家の方々が
『五加小学校へいかせたいと思う学校』でありたいと願っています。
三つ目は,地域方々が
『五加小学校を自慢に思い,学校のために手伝いたいと思う学校』でありたいと願っております。
四つ目は教職員にとって,
『五加小で働くことはやりがいがあるなと思う学校』であることを願っています。
以上,四つを大事に考え取り組んでいきたいです。


この4つの願いの,その真ん中にいるのは,五加小学校の児童のみなさんです。みんなさんの素晴らしい成長・活躍の姿は,みなさん自身のみならず,お家の方々,地域の方々,先生方は大きな喜びを感じさせてくれます。みなさんのよりよい成長のために校長先生は動きます。よろしくお願いします。」


また、入学式の式辞では、保護者・地域のみなさんに向けて次のようにお話しました。
「学校は、家庭・地域という大きな力をもつ大地の上にある子どもたちにとってのお城です。子どもたちは、家庭という大きな大地、地域という温かな大地に、根をはり、生きるための栄養をいただいて、お城である学校に登校して参ります。
子どもたちは、この家庭と学校という両者の行き来のなかで成長し、人間としての生き方を学び取っていきます。
学校は、様々な価値観や生育をもつ子どもたちが一つの教室で学びます。そのため、いろいろなことが起こります。それを、どう解決していくかが子どもたちにとって大切な勉強です。そうした子どもたちを学校と家庭・地域が一体となって、共に考え合いながら見守り、育てていくことで子どもはより成長していきます。心配なこと、気にかかることを、共に考えてまいりましょう。」
子どもたちが育まれるのには、家庭・地域という大きく温かな大地を欠くことができません。子どもたちが育つための学校づくりに保護者・地域のご協力を引き続きお願いします。


よろしくご支援ご協力をお願いいたします。

久保田 英雄