メニュー

千曲市教育委員会千曲市総合教育センター千曲市情報教育センター千曲市教育相談センター教育支援室アクセス・交通情報千曲市キャリア教育

インフルエンザ関連




カウンタ

COUNTER1240253

千曲市が願うICT教育

千曲市は平成13年に発表された政府のe-JAPAN 構想を受けた文科省の指導のもとに、千曲市の情報(ICT)教育のあり方を考え基盤整備を行ってきました。

文科省は平成13年度には「全ての教員がコンピュータの操作ができ、そのうち半数はコンピュータを使って指導が(操作指導ができる)できるように」・・・と指導してきましたが、平成15年度には  『ICTを活用した授業改善』をICT教育の目標に据えてきました。

千曲市はこれからのICT教育の重要性を認識し、平成15年度には千曲市総合教育センター内に情報教育センターを開設し、また毎年多くの予算を計上して各小中学校のPC教室の機器・ソフトウエアー等の整備や、教員1人一台のコンピュータの配置・校内LAN、学校間イントラネット構築・・等々の整備を行ってきています。

 千曲市がICT教育で願う事は、
 
①千曲市の全ての教職員がICTを活用した授業を行うことで、児童生徒の学力の向上とICT活用力の育成を図る。

②インターネットにおける様々なトラブルや問題行動から子どもたち自身を守り、正しく利用するための情報モラルを身につけること

そのためにまず「千曲市の全ての教員がICTを活用した授業ができるようになること」をめざし、千曲市教育委員会・情報教育センター・教育ICT活用推進委員会は連携し、下の事業を行っています。

①千曲市の児童生徒が義務教育期間中に身につける「ICT教育カリキュラム」の作成と修正

②教職員のICT活用力の把握のためのICT操作・利用自己評価表の作成と実施(19年度~毎年)

③ICT操作・利用自己評価表の結果を元に、教職員のためのICT研修講座の計画と実施(指定研修・ 
  役職研修・新任者研修・希望研修等々)

④千曲市情報教育センターでの教職員ICT研修やICT学習をする教員のための支援等(出前講座)